天然水とRO水(ピュアウォーター)の違い

天然水とは <ナチュラルミネラルウォーター>

特定の水源から採水された地下水で科学的な処理が施されていない自然の恵みをそのまま残した水。
従って採水地によりミネラル成分等の特徴が異なりますので、選ぶ楽しさや旨みを堪能したりミネラル成分に興味がある方は天然水がお勧めです。

RO水とは(逆浸透膜) <ボトルドウォーター>

everse:逆、smosis:浸透の略。1960年代から70年代にかけて開発された浄水処理技術で、NASAのスペースシャトル・コロンビア号がこの 「逆浸透膜浄水システム」を搭載、循環飲料水確保に用いられました。
日本でもPKO(国連平和維持活動)カンボジア派兵やイラク派兵の際に、現地での隊員の飲料水確保に活用されました。
要するにどんな水でも飲料水に変えてしまう優れた技術ではありますが、不純物と一緒にミネラル成分までをも除去してしまうので「ピュアウォーター」と表現されることもあり、天然水とはこの部分が大きく異なります。
最近では逆浸透膜で浄化後に人口ミネラルを添加したRO水も多く見受けられます。
スーパーで販売されている水もこの逆浸透膜を使った水が多々見受けられます。

■どちらが良いの?

RO水(ピュアウォーター)は水源に左右されないで製造・出荷できるため天然水と比べると比較的安価です。
価格で選ぶならRO水(ピュアウォーター)ですが、旨みに関係するミネラル成分が除去されてしまうため、味にこだわって水を楽しみたいのであれば天然水がお勧めです。

 

農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」

【分類】 【原水】 【処理】
ナチュラルウォーター 特定水源から採取された地下水 ろ過、沈殿及び過熱殺菌に限る
ナチュラル
ミネラルウォーター
(天然水)
特定水源から採取された地下水のうち、地下でミネラル分が溶け込んだもの
ミネラルウォーター ろ過、沈殿及び過熱殺菌以外に複数の原水の混合、ミネラルの調整、空気にさらす、オゾン殺菌、紫外線殺菌
ボトルドウォーター
(RO水)
上記以外の飲用に適した純水、蒸留水、河川の表流水、水道水 限定なし

カラダと水

人間のカラダは約60~70%が水でできており、この水分量は赤ちゃんでは75%に達します。しかし年齢を追うごとに減少し、やがて55%まで低下してしまいます。赤ちゃんの肌がキレイでみずみずしいのは水分量が多いからです。健康で元気な細胞を保つためには十分な水分が必要で、水分不足は細胞の老化を早めてしまいます。

カラダの中の水には、重要な働きが4つあります。
1.カラダの中の化学変化に使われる
食べ物がカラダの中に入ると、カラダの中で化学変化を起こして栄養となります。この化学変化に水が使われます。

2.カラダの隅々まで栄養を運び、更に不要なものを排泄する
水は、栄養物・ホルモン・体内の排泄物を血液にのせて運ぶ役割を果たします。

3.体温の調整をする
水の温まりやすく冷めにくい性質は、体温を一定に保つことにも役立ちます。体温が高くなると、汗を流すことで体温を下げるのもその働きのひとつ。しかし一方、水分が足りなくなると脱水症状や熱中症を起こしてしまいます。

4.血液の濃度バランスを保つ
カラダの水が足りなくなり血液の濃度が高くなると、血液がドロドロになり、脳梗塞や脳血栓の原因となります。

水で健康に

一日にカラダから出ていく水は、2リットル。ということは、最低でもそれと同等の水を補給しなくてはいけません。 
一般的に飲み水として一日に1.5リットルは補給すべきと言われています。しかし細胞の老化を遅らせるには、それ以上の水が必要です。 たっぷりと水を飲む習慣をつけ、カラダにうれしい毎日を送りましょう。

1.ドロドロ血液をサラサラに!
カラダの中の水分が不足すると細胞がどんどん衰えています。これが、血液ドロドロの原因です。
脳梗塞や脳血栓などの血管障害の要因となるだけでなく、栄養が全身に行き渡らず栄養障害になったり、精神の病気、神経障害を誘発することも。更に免疫力が落ちるので、病気がちになります。

 

2.寝る前にも一杯の水を
寝ている間にも人はたくさんの汗をかくので、水分の補給が必要です。
睡眠中の水分のバランスを保つためにも、寝る前に十分な水分補給をしましょう。

3.水分バランス
汗をかくことで、カラダの水分はどんどんなくなっていきます。水分補給をしないと、脱水症や熱中症になり、時に死のリスクさえ招きます。特に運動をした時や下痢をした時は、水分の補給を心がけましょう。
水分バランスを保つことで新陳代謝を促し、体調を整えます。

4.若さをキープ
年をとるに従い、カラダは水分不足の状態になります。これは脳にとっても同様。脳の水分不足は、そのまま老化現象となって現れます。マメな水分補給で脳をみずみずしく保ち、若さをキープしましょう。

5.便秘解消!
水をたくさん飲むと、便が適度にやわらかくなり、便通がスムースになります。
朝1杯の水は、胃腸を活性化させ便秘の解消になります。

6.ダイエット?!
食前に水を飲むと、胃液の濃度が下がり、胃がふくれる事で食欲を抑えることができます。さらに、新陳代謝が活発になり、エネルギーの燃焼を助けるので、ダイエットには効果的に働くと言えるでしょう。