ミネラルについて

私たちのカラダを正常に維持していくためには、5大栄養素をバランスよく摂取する必要があります。カラダを構成するエネルギー源となる「タンパク質」「脂質」「炭水化物」の3大栄養素に、カラダの機能維持や調整・抵抗力をつける「ビタミン」「ミネラル」を加えた5大栄養素です。

【体に必要な5大栄養素】
1)タンパク質
2)脂質
3)炭水化物(糖質)細胞
4)ビタミン
5)ミネラル

私たちのからだは小さな細胞からできており、その細胞は元素によって構成されているます。特に微量栄養素と呼ばれる『ミネラル』はカラダの機能維持や調節には欠かせない不可欠なものですが、ミネラルは体内で作り出すことができないため、食べ物や飲み物から摂取する必要があります。 また、ビタミンはミネラルが不足していると効果を発揮することができずに体外に排出され、欠乏すると免疫力・代謝低下を引き起こします。 現代社会に生活する私たちの食生活では、3大栄養素が摂取過剰で、「一部のビタミン」と「ミネラル全般」が不足という偏った状況が生まれ、現代型栄養失調とまで言われています。この要因としては食生活の西洋化やファーストフード・インスタント食品・加工食品が増えたことはもちろん、食材自体にミネラルが少なくなっているため、バランスのとれた栄養を摂取することは難しくなってきていることが考えられます。 そして、この現代型栄養失調が癌・糖尿・アトピー・ストレス性疾患などの生活習慣病を招く大きな要因の一つともいわれているのです。

●主なミネラル成分
・Na:ナトリウム
血液やリンパ液の重要な成分で、カラダの水分バランスや浸透圧を調整します。また神経伝達の安定にも必要です。
・Ca:カルシウム
人間のカラダの必須元素で骨や歯の主成分、また血液の凝固に深く係ります。ビタミン・ミネラルの代謝にも不可欠。
・Mg:マグネシウム
糖質・アミノ酸のエネルギー代謝など酵素の活性化を図ります。また筋肉の収縮を円滑にします。
・K:カリウム
血圧降下作用、および筋肉の収縮に関係する酵素の活性を調節。末梢血管を拡張して降圧させます。

★注目のミネラル
・★亜鉛(Zn)
コラーゲンなどのタンパク質の合成やDNA合成など生命維持に欠かせない各種酵素を活性化させ、男女の生殖機能や ホルモンの働きに関与します。また健やかな素肌や髪の生育にも欠かせないミネラルです。
・★バナジウム(Va) 
細胞の再生や造血、また糖質や脂質の代謝を助け、さらに血糖値を下げる効果も期待されています。アサリ、ホタテ、干しひじき、ウ ニなどの海産物に比較的多く含まれています。富士山の北麓にはバナジウムを豊富に含んだ地層があり、そこから採水されたバナジウム含有の天然水が現在人気です。

ミネラルウォーターの飲み方

こまめな水分補給で、無理なくダイエット
ダイエット目的なら1日2リットル程度が目安ですが、いくらダイエットに良いと言っても、一度に飲むと内臟に負担をかけてしまいます。そのためにも1回の摂取量を180~200ミリリットルに抑えて、回数を分けて飲むのが好ましいとされています。そこで、水を飲むことは“食べ過ぎ防止”に役立ちますが、くれぐれも一度に飲み過ぎないように注意して、無理なく摂取しましょう。

上手な水分補給
成人の方は1日1.5~2リットル摂る習慣をつけましょう!目安としてコップ1杯200cc×9回(左図参照)

水の飲用は、手軽な健康対策
最近では、カラダの不調の多くは体内の水不足からきているのではないかと所々の研究で明らかにされています。確かに体内の水分が潤沢であれば、血液の循環や代謝が良くなり、健康が保たれます。サプリメントなどに頼るのも良いですが、まずは人間が生きる上で最低限必要な水分補給から健康を目指してみてはいかがでしょうか。

硬度とは?

硬度とは、水に含まれるカルシウム (Ca)やマグネシウム (Mg)の濃度をある方法で表現したもので、俗に言う硬い水・軟らかい水のこと。

・硬度の計算式 /硬度[mg/l] = (カルシウム量[mg/l]×2.5)+(マグネシウム量[mg/l]×4.1)

ヨーロッパの水はほとんどが硬水であり、一方日本の水は軟水が多く、硬水は日本人の口には合わないとされる。フランスの有名なミネラルウォーターであるエビアン (Evian) やヴィッテル (Vittel) の硬度は300を超え、WHOの基準では「非常な硬水」に属している。一方同じフランスのミネラルウォーターでも、ボルヴィック (Volvic) は軟水にカテゴライズされる。
軟水は赤ちゃんのミルク作り、お茶やだし汁などに適している。 一方、硬水はミネラルウォーターの名の通り、ミネラル分の補給、また灰汁(あく)を析出しやすいため、灰汁が出る料理に適している。 また硬水は石鹸の泡立ちを抑えてしまう。特にアルカリ性の石鹸は成分が結合・凝固して増粘するため、すすぎで非常に苦労する、などの特徴がある。

クラスター値

水はぶどうの房のようにH2Oの分子が集まってできており、これをクラスターといいます。このクラスターが小さければ小さいほど細胞になじみやすく吸収されやすい水といえます。一般的にはお米・お料理・お茶などの素材の旨みを引き立たせるのもクラスター値が低いものであるといわれています。
分子が10個でひとかたまりの水のクラスター値は100Hz(ヘルツ)という単位であらわされ、 MRI(検磁気井端装置)で測定できます。100Hz以下の小さな数値をミクロクラスターといいます。